ダイエットモチベーションについて

ダイエットで大切なのはモチベーション(やる気)の維持。誰しも初めはやる気満々でダイエットを始めるものですが、多くの人が3日から1週間ぐらいで、いつの間にか普段どおりの食生活に戻っていきます。

でも、どのようなダイエットでも痩せる仕組みは実に単純明快。摂取カロリーより消費カロリーが多いか少ないかだけです。プロテインダイエットでもこの基本は同じ。あとはそれを続けられるかどうかなのです。

ここでは、皆さんのせっかくの決意が無駄にならないよう、プロテインダイエットを続けていくためのモチベーション維持方法をいくつか紹介してみます。

<img alt="tl_h116c-s.jpg" src="http://m-phage.moo.jp/line/tl_h116c-s-thumb.jpg" width="300" height="111" />

<strong>《明確な目標設定》</strong>
いつまでにどれだけ痩せるのかを明確にしましょう。「夏までに」や「来年までに」ではなく、「○月○日までに○㎏以下」とします。何かの発表会や同窓会など、具体的な晴れの舞台を目標にすればさらに良いですね。久々に会う友人たちに「痩せた?」と言わせましょう。遠すぎる目標は切迫感が薄くなりますので、まずは1ヶ月~3ヶ月ぐらいを目安に、達成可能と思える目標を立ててください。

<strong>《大きな目標と小さな目標》</strong>
上記のような最終的な目標(大きな目標)以外に、1日単位・1週間単位のご褒美(小さな目標)も設定してみましょう。翌朝の豪華ブランチや週末の焼肉パーティーを目標に1日・1週間を乗り切ってください。また、忘年会シーズンや正月、お花見シーズンなど、体重が増えそうなイベントの前には、1週間ぐらい前から体重を絞っておいてください。せっかくの楽しい席で多少羽目を外せるように。

<img alt="hssb0117c-s.jpg" src="http://m-phage.moo.jp/line/hssb0117c-s-thumb.jpg" width="300" height="292" />

<strong>《記録する》</strong>
体重計には毎日決まった時間に乗りましょう。そしてそれを記録し、グラフにします。紙に書いて貼ってもいいですし、Excelなどで作成してもいいですね。ダイエット用のグラフ作成ツールなどもありますので、そういうものも利用してみましょう。とにかく毎日体重を量って一喜一憂してください。常に体重を意識していれば、増え始めた時にすぐに修正がききますので、挫折やリバウンドも防げます。ダイエット成功後、デコボコした右肩下がりの曲線はきっと良い思い出になることでしょう。

<strong>《ブログをつける》</strong>
グラフと同時にブログもつけてみてはいかがでしょうか。非公開にして日記風につらいこと嬉しいことを綴ってもいいですし、公開にして自分にプレッシャーをかけながらダイエット仲間と交流するのも楽しいでしょう。

せっかく一大決心をしてダイエットをするのですから、いろいろと工夫して楽しみながら続けていってくださいね。

<h2>「飽き」との戦いのためにバリエーションをつける</h2>

プロテインダイエットを真に成功させるためには<strong>、ある程度長期的な(1ヶ月~半年ぐらいの)戦略</strong>が必要です。そこでどうしても問題となるのが「飽き」との戦い。どんなに味音痴でも、どんなに我慢強くても、同じものを毎日食べたり飲んだりしていたら、どうしても飽きてしまうのが人間ですからね。ここでは、ダイエットの大敵「飽き」と戦うための方法をいくつか提案してみます。

<strong>《置き換えに変化をつけてみる》</strong>
普段夕食をプロテインにしているなら、たまには朝をプロテインにしてみる。週末だけは昼をプロテインにしてみるなど、いつもと違うパターンで気分を一新してみてください。(ただし、はじめの数週間は決まったパターンを固定したほうが良いと思います。固定パターンがあってこその「変化」ですから)

<strong>《各社のプロテインを試してみる》</strong>
プロテインダイエットの市場では、各社とも味や成分にこだわって独自の製品開発を続けています。同じプロテイン牛乳でも会社によって味や種類が違いますので、<strong>1つの会社の製品に飽きてきたら別の会社のプロテインを試してみてはいかがでしょうか。</strong>数社をあれこれ試している間に数ヶ月は経ちますので、いつの間にかダイエットが成功しているかもしれません。(ただし、これもはじめは1つの製品で飽きるまで頑張ってください。飽きる前にあれこれ試すと、プロテインそのものに飽きてしまいますので)

<img alt="ilm15_bf03006-s.jpg" src="http://m-phage.moo.jp/line/ilm15_bf03006-s-thumb.jpg" width="300" height="225" />

<strong>《他のダイエット食品を試してみる》</strong>
各社のプロテイン牛乳に飽きてしまったら、次は他のプロテイン製品を試してみます。クッキー、ゼリー、ケーキ、スープ、リゾットなど、本当にウキウキしてくるような品揃えですので、きっと楽しみながら続けられると思います。プロテイン製品すべてに飽きるまで頑張ったら(きっとその頃にはダイエットは成功していると思いますが)、次はプロテイン以外のダイエット食品、そして天然のダイエット食品へとヴァリエーションを広げていきます。怪しい外国製品(異常に効き過ぎる、異常に高額など)にはくれぐれも気をつけながら、プロテイン製品を軸にして、健康に良さそうなダイエット食品をいろいろと開拓していきましょう。

<h2>挑戦者にエール</h2>

<strong>《プロテインダイエットを勧める理由》</strong>
プロテインによって程よい筋肉をつけ(燃焼しやすい体質をつくり)、有酸素運動で脂肪を燃やすというのがプロテインダイエットの基本原理。でも私がプロテインダイエットを勧めるのは、その明快な合理性のためばかりではありません。何らかのプロテイン商品を購入して毎日飲むという新しい食習慣が、気持ちを完全にダイエットモードに切り替えてくれる、というのが最大の理由なのです。プロテインダイエットは、気まぐれで少し食事を減らす「いつものだらだらダイエット」ではなく、「今度こそは!」という誓いを伴った必勝ダイエット。各種プロテイン商品の「もの珍しさ」と、スタート時のこの「誓い」こそが、プロテインダイエットの驚くべき成功率の秘密なのです。

<strong>《プロテインダイエットで充実した毎日を》</strong>
プロテインダイエットは無理なく続けられる、とは言っても、これまでの習慣を改めるわけですから、きっと多少の困難はあるでしょう。でも、その困難こそが充実した生活の証なのだと思ってください。何となく食べ、何となく過ぎていた毎日が、1食1食を味わい、1日1日を噛みしめる毎日に変わるのです。プロテインダイエットを始めたからには「何もせずに数年が過ぎ、気がついたらウン十歳」なんてもう言わせません。これからは子どもの頃のように密度の濃い1年1年を過ごしていきましょう。

<strong>《ダイエットは「楽しみ」である》</strong>
ダイエットは自分という肉体を使った創作活動、芸術活動です。だから本来、ダイエットは楽しいのです。実際、良いダイエットをしている人は、成功する前からキラキラと輝いています。自分を磨くのが楽しくて楽しくて仕方がないのです。

<strong>《ダイエット成功、その先へ》</strong>
人は生きている限り何かを食べ続けるわけですから、ダイエットに終わりはありません。ダイエット成功後も、リバウンドを気にしながらの体重管理は続きます。でも1つの目標を達成できたあなたにとって、体重の維持はそれほど困難なことではないでしょう。あなたはもう生まれ変わったのです。もしかしたら新しい目標が見つかっているかもしれません。それは「もっと痩せよう」ではなく、痩せた自分、目標を達成できた自分が、本当にやりたかったことに向かって歩き出したということです。そう、ダイエットなんて本当は簡単なのです。早く成功して、次の目標を探しましょう。あなたの本当の夢は何ですか。


<strong>あなたのプロテインダイエットが成功することを心から祈っています。
さあ、始めましょう、プロテインダイエット!</strong>